太陽光発電O&Mブログ

4000枚の中から交換対象モジュールを発見

1MWの太陽光発電所のモジュール枚数はおよそ4000枚。
その4000枚の中から、発電量が落ちて交換対象となるモジュールを、点検して発見しました。
メーカーによるモジュールの発電保証が付いているとしても、『モジュールの発電量が落ちていること』を発見しなければ保証を適用することはできません。
エナジービジョン社の点検ならば、交換対象のモジュールを簡単に発見できます。

不具合モジュールを含むソーラーパネル4000枚

4000枚のモジュールを1枚ずつ点検していてはいくら時間があっても足りません。
まずは「ソコデス」でストリングごとに異常がないか検査し、異常が出たストリングだけを、もっと詳しく検査します。

通常「ソコデス」では、ストリングの何枚目のモジュールが異常か、まで特定できるのですが、今回は少し問題があり手こずりました。
下の写真のように余ったケーブルが巻いてあると、異常モジュールの位置がずれて特定されることがあります。ケーブルが一種のコイル状態になり、「ソコデス」による測定の精度を下げてしまいます。
特定した不具合パネルをサーマルカメラで点検

今回は「ソコデス」でおよその範囲まで絞った後、サーモグラフィカメラにて詳細にチェックしました。(通常もサーモグラフィカメラを併用しますが、「ソコデス」でピンポイントに異常モジュールを特定できるため、あまり広範囲にサーモグラフィカメラでチェックすることはありません。)

すると、下の写真のように端子箱内のバイパスダイオードが発熱しているモジュールを発見しました。

パネル上の異常発熱を示すサーモグラフィ画像

 

バイパスダイオードが作動して発熱しているということは、該当のクラスタが断線している可能性が高いと判断して、モジュールを外して単体で「ソコデス」で測定しました。
すると抵抗値が1000Ωを超えており、これにより当該モジュールを異常と断定しました。

今回点検した1MWの太陽光発電所の約4000枚のモジュールの中から、上記の方法で、2枚の異常モジュールを発見できました。

ちなみに、太陽電池モジュールは一度悪化し始めると自然に治ることはなく、悪化の一途をたどります。
最悪の場合、発火して火災を招く事例も実際にありますので、異常モジュールを早期発見して交換することは、太陽光発電所全体の価値をゼロにしてしまわないために、とても重要な事と考えております。

●太陽光発電事業者様 必聴セミナー『太陽光発電O&M講座』6月16日 東京開催●

★今後のトラブル事例の最新情報はこちら★

一覧へ戻る