太陽光発電O&Mブログ

漏電ブレーカーの故障

低圧分譲案件の一区画だけ、発電量が10%ダウンしている、とのことで検査してきました。
パワコンは通電しており、モニターをチェックしたところ特定のエラーメッセージが繰り返し出ていました。
その内容は、「系統連携異常」。

漏電トラブルで焦げて復帰不能のブレーカー

交流集合盤を確認したところ、エラーメッセージの出ている系統の漏電ブレーカーが焦げていることを確認しました。
ブレーカーはオフとなっており、ブレーカー復帰ができない状態で、ブレーカー交換を手配しました。

発電量のダウンが確認された当日は、天候の変化で、急激に雨が振り出したことを確認し、落雷の影響と推測しています。

●太陽光発電事業者様 必聴セミナー『太陽光発電O&M講座』6月16日 東京開催●

★今後のトラブル事例の最新情報はこちら★

一覧へ戻る