太陽光発電O&Mブログ

O&Mのノウハウとは?

昨日、「太陽光発電のO&Mは専門職!ノウハウの差が非常に大きい」と書きました。
では、O&Mのノウハウとはなんでしょうか?

まず基本的なことですが、「良い発電所、正しい発電所とは、どういうものか?」を知っていなければなりません。

太陽光発電のO&Mは、不具合を発見して、それを改修し、長く、できるだけ多く発電させることしかも適切なコストで、と言い換えられます。

不具合を発見するためには、まずは何が良くて、何が悪いのか判断できなければ始まりません
そのためには発電所の全体像を把握できること、が必要です。

産業用太陽光発電の場合、パネルやパワコン、架台のメーカーは主役ではありません。単なるパーツサプライヤーに過ぎません。

主役は、設計・施工を担当するEPC(Engineering, Procurement and Constructionの略、日本語に訳すと「設計・調達・建設」。簡単に言うと元請けの施工店)です。

発電所の規模や目的、設置する場所に合わせて、どのパネル・パワコン・架台を選ぶか、どのように配置するかなどを検討した上で、最終的な設計図を作り施工します。
この取りまとめをするのがEPCです。

パネルメーカーやパワコンメーカーは、自社商品に関しては当然詳しいですが、太陽光発電所全体について詳しい訳ではありません。

全体を把握し、太陽光発電所を商品として作り上げるのはEPCなのです。

さまざまな設計思想によるさまざまな発電所が存在する

さまざまな設計思想によるさまざまな発電所が存在する

適切なO&Mを行うには、できあがった発電所の全体像を把握して、EPCがどのような意図で設計・施工したのか理解した上で、現状の正否を確認することがまずは必要になります。

中には設計・施工の能力が足りないEPCが作った発電所もあり、その場合は、設計段階に遡って是正しなければなりません。

EPCにより各社各様の設計方針があり、中には設計自体がまずい場合もあり、そんな千差万別、ひとつとして同じ発電所はない中で、「良い発電所・正しい発電所」という基準を持てるだけの引き出しがないと、なかなかO&Mは難しいと言えます。

O&Mのノウハウについて説明するつもりが、概論だけでこんなに長くなってしまいました(汗)。

→つづく

2017/11/06 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

一覧へ戻る