太陽光発電O&Mブログ

小型風力発電、男鹿半島にて

職人革命会の有志で、秋田県の男鹿半島まで小型風力発電の現場見学をしてきました。

職人革命会は今は太陽光発電に関することが中心ですが、再生可能エネルギー全般にも目配せしています。

「再エネの普及を現場から支える」という理念を掲げていますので、太陽光発電限定という訳ではありません。
現時点で最も手掛けやすいのが太陽光発電というだけで、小型風力発電にチャレンジし始めた会員も居ます。

ということで、風力発電銀座とも言われる男鹿半島まで、現場見学に遠征してきました。

小型風力発電への期待は大きい

小型風力発電への期待は大きい

20kWの風力発電機で、初期費用が2000数百万程度。
売電予測は年間300万円以上を見込んでおり、投資効果は太陽光発電よりも良くなる予定だそうです。

ただし、風がしっかり吹けば、とのこと。
(男鹿半島はベストの立地だそうです)

風力発電は、日本ではまだまだ始まったばかりですが、欧州では再エネのエースとも言われます。

今後の普及が楽しみです。

追伸 海岸には前日に北朝鮮から漂流してきた船が放置されていました。

北朝鮮からの漂着船

北朝鮮からの漂着船

産経ニュースはこちら

2017/11/29 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

一覧へ戻る