太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mのメリット・デメリット 7

太陽光発電所のO&Mを考える上で、メリット・デメリットを考察します。

売電利益の損失が発生する理由とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

O&Mの大枠でのメリットとして、下の1.2.3.があります。

1.太陽光発電所の設計・施工に問題がないか確認できる
2.太陽光発電所の安全性を確保できる
3.太陽光発電所の売電利益の損失を最小限にできる

1.についてはこちらのブログを、
2.についてこちらをご覧ください。

今日は3.について、です。
ここでは1.2.のトラブルに付随する売電利益の損失は除いて考えます。
(実際には甚大な被害額になりますが、1.2.によるものとそれ以外とを区別するため)

影

1.2.以外で売電損失が発生する理由は、次のようなことが想定できます。

A. 系統側理由による売電停止
B. 草木による影
C. 太陽光パネルの汚れ
D. パネルの故障・経年劣化
E. パワコンの故障・経年劣化
F. 積雪による発電低下

1.2.の場合に比べれば、被害額は小さいのですが、それでも発電事業の経営には大きな影響を与えます。

→つづく

2018/1/21 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

一覧へ戻る