太陽光発電O&Mブログ

「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」

新エネルギー新聞に毎月O&Mの記事を書いてます。
今月も掲載されましたが、それとは別に一面トップの記事がおもしろくて読み込んでしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

1面記事は、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(以下、原自連)による、「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の発表記者会見の記事でした。
(原自連のHPに新エネルギー新聞の該当ページ載ってますね。ついでにEV社の広告も(笑))

原自連は、小泉元首相や細川元首相、吉原城南信用金庫相談役、【日本と再生】の河合弁護士など、再生可能エネルギーを推進する著名人が集まっています。

原発ゼロ・自然エネルギー基本法案は、原文を読んでいただくとして、新エネ新聞の記事に次のように書いてありました。

「法案の主旨は、電力会社を一方的な『悪者』にすることにはない」
「原発ゼロ・自然エネルギー推進に政治信条の区別はない」

新エネ新聞2

これには深く同感します。
これまで原発を推進してきたのは、電力会社だけではありません。国として推進してきましたし、その恩恵を国民も受けてきました。
日本が経済大国として発展できたのも、安定的な電気を大量に作れる原発があったからでしょう。

原発のメリットが大きかったのは事実です。

ただし、福島の事故がすべてをひっくり返してしまいました。一度のミスがあまりにも大きな損失を招く、ということが分かったのです。

原発の本当の怖さに気づいた以上、考え方を改めるべきでしょう。
世界の国々はそうして脱原発を現実的な目標としています。

原発の過去の貢献は認めた上で、それでも再生可能エネルギーの普及に舵を切る方が良い、とオール日本で力を合わせて未来を作り上げていきたいものです。

日本人は力を合わせるチームプレーが得意ですからね。

2018/1/25 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

一覧へ戻る