太陽光発電O&Mブログ

技術は失敗しながら進化する

再生可能エネルギーが主力電源となる、そんな時代の変わり目にありますが、なぜ原発ではダメなんでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

再生可能エネルギーへのシフトが全世界的に進んでいますが、地球温暖化防止という意味合いでは原発もCO2を出さないのでひとつの選択肢となります。

再エネよりも安定的に大きなエネルギーを生み出しますから、「原発の方が良い」という考え方も一理あります

実際、東北大震災の福島第一原発の事故以前は、日本は原発の比率を50%以上に高めることで温暖化対策する方針でした

でも「日本と再生」という映画の中で、次のような印象的な言葉がありました。

「すべての技術は、失敗したら改良する、それを繰り返すことでしか進化しない。ところが原発は失敗の代償が大きすぎるので進化することができない。」

挑戦して失敗し、それを糧に改善する、そういうサイクルを繰り返すことでしか進化できない

挑戦して失敗し、それを糧に改善する、そういうサイクルを繰り返すことでしか進化はできない

福島第一原発レベルの失敗を、もう1回、2回繰り返せばもっと進化できる、なんて言えますか?
失敗の影響が甚大すぎて、原発が進化する前に国が滅ぶでしょう。

太陽光発電の場合、どんなにひどい失敗だったとしても国が滅ぶことはありません
発電所が崩れようが、パネルが飛ぼうが、その土地に人が住めなくなることはありません

「ごめんなさい、失敗しました。次はもっと改善します」と言えます。

これが再エネが選ばれ、原発ではダメな根本的な理由です。

2018/2/7 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

一覧へ戻る